NEWS

2018/11/06 15:29

チェーンブランケットのユーザーであるノア君。
ノア君は11歳。その11歳の男の子が人前で、自分のAD/HDや薬、食事や不眠、チェーンブランケットについて話したいとのことで講演行いました。





ノア君は8歳の時からのチェーンブランケットのユーザだったそうです。
お母さんが言うには、ノア君はチェーンブランケットを使うまで一晩中寝ていたことがなかったそうです。





不眠に気付いたお母さんが、必死に調べ、たどり着いたのがチェーンブランケットだったそうです。



でも、ノア君は最初重たいブランケットに違和感を感じていたそう。




4kg、6kg、と試し、自分には8kgの重さがあっていると気付いたノア君、不安は解消され、眠れるようになっていることに気付き毎日使うようになっていきます。





いろいろと試した結果、ノア君はチェーンが体に触れるほうが、心地よく眠れるようです。







チェーンブランケットを使う前は眠るのがつらかったと語るノア君。




でも今は眠るのが好きで、家族の中でも一番長く眠れるようになったといいます。





使うようなる前はどれくらいで眠りについていたのか聞いてみました。




夜中に起きることもよくあったようです。




しかしチェーンブランケットを使ってからは眠るのが楽しくなったそうです。




ノア君にチェーンブランケットのどういうところが気に入っているのか聞いてみました。





睡眠のことで悩んでいるAD/HDの方には、とにかくチェーンブランケットを使ってみて欲しいとアドバイスをするノア君。重さをいろいろと試すのがコツとのこと。





どうしてチェーンブランケットの話を人前でしてみたいと思ったの?との質問には。





本当の自分を取り戻せた。というノア君の言葉が重く染み渡りました。
ありがとうございました。

よろしければ、元の動画も是非ご覧になってみてください。